おやじタイトル  おやじが幾度となく読んだビジネス書の紹介です、参考にしてください

top_menu.html
HOME こころ
BLOG CAR BLOG PROFILE LINK
軽井沢
left_menu.html
MENU
オヤジイラスト 軽井沢で暮らそう!
 軽井沢で暮らそう!
 軽井沢移住計画
 軽井沢の魅力
 軽井沢生活を体感
オヤジイラスト 趣味を広げよう!   
 クルマを楽しもう
 音楽を楽しもう
 読書を楽しもう
 映画を楽しもう
 おやじ好み!

オヤジイラスト 知恵生活のススメ  
 ビジネス書のススメ
 映画のススメ

オヤジイラスト 資産運用のススメ
 FX 外為のススメ
 アフィリエイト
オヤジイラスト 健康がなにより!
 スポーツを楽 しもう


オヤジイラスト おやじのお気に入り
 ずばり手帳
   iPhone
 おあやじ有名人
オヤジイラスト



オヤジイラスト









Book 情報
オヤジイラストビジネス本ランキング


  おやじ英文字 ビジネス書のオススメ!
おやじが幾度となく、事業計画、企画書等を立案するときに読んだビジネス書関係です。とくに「策定シナリオ」 シリーズは3回以上繰り返し読み込み、資料作成時には都度、違った観点で新しい発見・気づきがありました。
併せて、自己啓発に関する書籍も紹介しております。尊敬する孫正義氏をはじめ、大変貴重な書物になっております。

  おやじ英文字 経営学を学ぶ

時代を超え際立った存在であり続ける企業18社を選び出し、設立以来現在に 至る歴史全体を徹底的に調査、ライバル企業と比較検討し、永続の源泉を「基本理念」にあると解き明かす。

かつて取り上げた偉大な企業は、なぜ衰退したのか。転落を阻むポ イントは何か。克明な調査・分析で明らかになった「偉大な企業」衰退の真実とは。シリーズ総括の書。
「変化」のときこそ、「基本」を確認しなければならない!ドラッ カー経営学の集大成を一冊に凝縮。自らの指針とすべき役割・責任・行動を示し、新しい目的意識と使命感を与える書
どうすれば一流の仕事ができるか?自分の能力を見極め、伸ばすた めの簡単な方法がある。ドラッカーが自らの体験をもとに教える知的生産性向上の秘訣。はじめて読むドラッカー自己実現編。
『ビジョナリーカンパニー』の著者が7年ぶりに書き下ろす飛躍企 業11社の秘密。

公立高校野球部のマネージャーみなみは、ふとしたことでドラッカーの経営書 『マネジメント』に出会います。はじめは難しさにとまどうのですが、野球部を強くするのにドラッカーが役立つことに気付きます。みなみと親友の夕紀、そし て野球部の仲間たちが、ドラッカーの教えをもとに力を合わせて甲子園を目指す青春物語。家庭、学校、会社、NPO…ひとがあつまっているすべての組織で役 立つ本。

熱き戦略で社員の心を束ね、一気呵成に勝ち戦へ転じる!「組織へのこだわ り」と「戦略」の融合が生み出す、真の改革プロセスを説く。




  おやじ英文字 マーケティングを 学ぶ
顧客、市場側の論理から経営活動全体を再構築する

日本企業に欠けているのは戦略を実戦展開できる指導者だ。新しい競争のルー ルを創り出し、市場シェアの大逆転を起こした36歳の変革リーダーの実話をもとに、改革プロセスを具体的に描く迫真のケースストーリー。ベスト&ロングセ ラーテキストの文庫化。

「2年で黒字化できなければ、退任します」-。戦略的なアプローチと覚悟 (高い志)を武器に不振事業再建に取り組む黒岩莞太は、社内の甘えを断ち切り、業績を回復させることができるか。実際に行われた組織変革を題材に、迫真の ストーリーで企業再生のカギを説いたベストセラー。

マーケティング戦略の考え方と仕事に役立つツールを実在ケースで解説。




  おやじ英文字 ブランド・ブラン ディングを学ぶ

フォーカスのコンセプトをマーケティング・プロセスそのものに適用したもの である。マーケティング・プロセスの最も重要な目標、広範囲に及ぶマーケティング機能を結合させる接着剤は、ブランディング(ブランド構築)のプロセスで ある。

夢を創り、夢を売る人たちのブランドへの想いと、ブランドを認知 させイメージを確立させるためのノウハウと考え方を分りやすく解説。

序章 日本企業に求められる第5の経営資源/第1章 ブランドが経営にもた らすメリット/第2章 ブランディングの実施に向けた立案手順/第3章 ブランドプロジェクトの進め方/第4章 企業スタイル再構築のポイント/第5章  生涯顧客化を考えるポイント/第6章 ブランド教育のポイント/第7章 ブランドコミュニケーションの実施ポイント/第8章 成功ブランドに見るブラン ディング構築のポイント



  おやじ英文字 自己啓発で読んだ 本
・全世界で1500万部以上を記録し、日本でも100万部を突破
・英国エコノミスト誌が著書の「スティーブン・R・コヴィー博士」を「世界で最も影響力をもつ経営の思想家」と評価
・米タイムス誌が同氏を「全米トップ有力者の25人の2人」と考える
・世界でビジネス書の歴史NO.1を記録
・USA Todayがデールカーネギー以来の自己啓発論と絶賛
・韓国、中南米ではノンフィクション部門で歴史上の第1位
・全米トップ企業の80%が思想を導入
・New York Timesベストセラー260週連続登場
※DVD付き(収録時間:約14分30秒)

日本を代表する事業家となった男・孫正義。その原点となる少年時代にはじま り、アメリカでの青春期、そしてソフトバンクの創業から情報革命に挑む現在に至るまで、波乱に満ちたその半生を、孫がもっとも信頼を置く作家・井上篤夫が 二十数年にわたる徹底取材で描いた決定版評伝。読むと勇気と活力が湧いてくる、孫本人がはじめて公認した「正伝」。

戦略思考であなたの付加価値を高め、「最適解」を生み出すスキルを使いこな す。大手企業で人気沸騰中の研修コンテンツを一挙公開。

仕事のさまざまな場面でコミュニケーション能力は求められる。基本であるに もかかわらず、意外と難しい。相づちを打ったり、返事をしたり、目をジッと見たり、あるいは反対に目をそらしたり…。「伝える」には、「話す」「書く」そ して「聞く」能力が必須。それらによって、業績が左右されることも往々にしてある。現代のビジネスパーソンに不可欠な能力といえる「伝える力」をどうやっ て磨き、高めていったらよいのか。その極意を紹介する。

一方向的な会話から、よりインタラクティブな問題解決型のコミュニケーショ ンへ。部下と対等な立場で議論し、部下を動かすためのノウハウを125項目、図表とともに紹介。


  おやじ英文字 策定シナリオシリーズ
ビジネスプラン策定の手順/ビジネスモデルの背景・問題意識を明 確にする/ビジネスモデル・コンセプトを仮説化する/コンセプトの仮説を検証する/ベンチマーキング&ベストプラクティス分析を実施する/ドメインを決定 する/市場規模を算定する/ビジネス・ビジョンを設定する/ビジネス戦略体系を構築する/ビジネス戦略をアクションに落とし込む/事業収支プランを立てシ ミュレーションで検証する

「参画型経営戦略」の概要を理解する/第1章 参画型経営戦略策定のプロ ジェクトを立ち上げる/第2章 環境分析から自社(自部門)を客観的に判断する/第3章 環境分析を経営課題ツリーにまとめる/第4章 目標を設定する/ 第5章 戦略を体系化する/第6章 戦略から計画へ落とし込む/第7章 組織構造を変革する/第8章 IT経営への方向づけ/第9章 経営課題に落とし込 まれたタスクをプロジェクトとして展開する

今、多くの市場では、構造変化が起きている。一人の優れたマネージャーだけ で、これらの変化を乗り切れるほど、甘くはない。全社・全営業マンの力を統合化させて、あるべき・ありたい営業戦略シナリオを描き、組織を変え、行動し、 成果を出さなければならない。市場の変化以上に自社が変化しなければ、勝てるはずはない。その変化のコアが、「営業戦略シナリオ」である。

顧客、市場側の論理から経営活動全体を再構築する。

  おやじ英文字 ノウハウ・ドゥ・ ハウシリーズ
“戦略なくして、ビジネスに勝利なし!シナリオなくして、実現な し!”本書は、経営の肝である戦略をいかに立て、どのようなシナリオ(実行手順や手法)で実行に移すのか、その基礎知識と実践方法をわかりやすく解説。 「ビジネスに勝つための明確な特徴づけは、自社の強みを特化して深め、無駄なものを捨てること」など、大不況下で勝ち抜く極意とその手法がわかる本。
いまやビジネスパーソンにとって、必要不可欠な論理的思考。しか し、この技術のことを「頭のいい人がする難しい思考法」と誤解していませんか?本書は、「論理的思考はズバリわかりやすさ!」と説く著者が、その鍛え方か ら企画・プレゼン・ミーティングでの活用法までを、やさしく図解!やわらかくて強い「地頭」が、みるみる鍛えられること受けあいの一冊。
マーケティングが、経営の基盤に なりきっていない日本企業に、マーケティング・ベースト・コーポレーション(マーケティングを基盤にした企業)のあるべき姿を投影したものである。

「プレゼンはできることならば避けたい!」-多くのビジネスパーソンが、こう思っているのでは?本書では、「苦手なプレゼンを大得 意」にしてしまうスゴ技を、気鋭のコンサルタントがあますところなく公開!コンセプト作りからシナリオ作成、パワーポイントの活用術、発声法、ジョークに 至るまで、ビジュアルで解説。

会議、商談、プレゼン、広告、チームマネジメント…「言いたいこ とが伝わらない!」とイライラする前に真の納得を引き出す「3つの力」とその磨き方を解説。
コンセプト思考のツールをコンセプト・ツリー、コンセプト・マト リックスとして展開し、コンセプト思考のシーンをミッション&ビジョン、ビジネスモデル、戦略、商品開発、広告の五つに設定し、構成している。より具体的 に、使えるノウハウ・ドゥハウを解説している
CS(顧客満足)からCL(顧客ロイヤルティ)へ、One to  Oneマーケティングはここまで進化する。
勝ち組企業はみな「未来予想図」を持っている!「ありたい未来」 を描き、それを実現するために。「経営」「事業」「商品」「技術」「人財」―5つのロードマップの描き方と、その活用方法を説く。
「コーチング」では、人は動かない!勝つチームを作る「ビジョン シップ」、負けないチームを作る「マネジメントシップ」、リーダーであることを楽しむ「自分ウェイ」。リーダーに必要な6つの条件と、その鍛え方がわか る。
仮説検証サイクルで、変革を続ける企業だけが勝ち残る!個人力と 組織力の統合メカニズムを構築。
  おやじ英文字 経営学を学ぶ










  おやじ英文字 経営学を学ぶ